トップ

赤ちゃんの口周りのアトピー

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹

アトピーは見分けが難しい

赤ちゃんの肌のイメージは、大人と違ってきめ細かくて柔らかくてつるつるしている。そんな風に想像している方も少なくないかもしれません。もちろんそれは正解なのですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんは肌トラブルを起こしやすく、その為赤ちゃんの肌トラブルを目の前にして、慌ててしまうママも多いようです。

赤ちゃんの肌に見られる湿疹は、色々なタイプがあります。ジュクジュクしているようなものもあれば、肌が赤くなったり赤いブツブツが見られたりする場合もありますし、かさぶたがうろこのようにできることもあります。いわゆる「乳児湿疹」とは、こういった赤ちゃんの肌に見られる様々なタイプの湿疹の総称です。乳児湿疹と言う病気があるわけではありません。

しかしながら、赤ちゃんに同じような湿疹が現れた場合、乳児湿疹ではなく「アトピー」である場合もあります。お父さんお母さんが赤ちゃんのアトピーにお悩みの場合)、大切なことは受診してアトピーに対する的確なケアをしてあげることです。

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹は、なかなか見分けるのが難しいと言われています。それは、お医者さんであっても同じであり、判断できかねる場合も少なくないようです。

とは言え、アトピーに見られる傾向があります。一つは、湿疹が悪化したり落ち着いたりしながら慢性的に見られること。他に、激しい痒みが見られることと、顔や頭に症状が見られた後、しだいに下の方に広がって行くなどの特徴があります。

また、耳切れが見られたり、体全体が乾燥肌になったりすることもあります。乳児期の場合は、湿疹が2ヶ月以上続いている場合、アトピーであると診断されます。乳児の場合は、大人のアトピーとは違い、治りやすいといった特徴がありますのであまり深刻に考えないように。症状や個人によって差はありますが、多くの場合1~2歳までに軽快します。

Copyright © 赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹. All rights reserved.